マレーシアで英国系銀行のVIP口座を開設した話

standardchartered
こんにちは。TOMOです。
マレーシアに移住する際、銀行口座を開く必要がありました。
色々考えた結果、VISA取得をサポートしてくれる会社の助言通りHSBCで口座を開設し、今まで支障なく生活できています。
HSBCのメリットは移住当時まとめたこちらの記事を参照ください;
一方で、預金金利が過去最低を記録している昨今、少しでも金利の高い銀行に口座を持ちたいという欲が大きくなっていました。
金利はどれくらい下がっているかというと、コロナショックはリーマンショックのそれと肩を並べています。malaysiainterestrate.PNG
※引用:https://tradingeconomics.com/malaysia/interest-rate
そんな中、トロピカルリゾートライフスタイルという日本人向けに様々なサービスを行っている会社
の方とお会いすることになり、スタンダード・チャータード銀行を紹介されトントン拍子で口座開設することになりました。
>スタンダードチャータード銀行(スタンダードチャータードぎんこう、英: Standard Chartered Bank、中国語名は渣打銀行、英語略称SCB、あるいはStanChart LSE: STAN)は、ロンドンに本拠を置き、世界70ヵ国に事業ネットワークを展開する世界的な銀行金融グループである。香港ドル発券銀行の一つ。ジョン・メージャーを輩出した。
※引用:wikipedia
ということで、日本にも支店があり、アジア・アフリカ・中東で圧倒的な存在感を発揮している世界的にも有名な銀行だそうです。
僕はこのあたり全然詳しくないので名前も聞いたこと無い銀行でしたが、一緒に移住してきた友人は「日本にいるときから知っている有名な銀行だよ」という認識だったようです。
実際、マレーシアでも多くの支店やATMがあり、僕が暮らしているKLCCエリアにも「KL Main Branch」という支店がありました。
そして口座開設をオススメする理由を聞くと、
 ・プライオリティアカウント(VIP口座)がプロモーション中のため簡単に入れる
 ・担当スタッフは日本人のハーフで、日本語が話せる
 ・一定額を毎月口座に入れるだけで(すぐに引き出したとしても)普通金利利息が2.1%になる
 ・VIPとして空港ラウンジやらなんやら各種サービスが受けられる
といった点があげられました。
正直空港ラウンジ等は関係ないのですが、残り3つは魅力的。
ということで早速口座開設をしちゃいました。
必要なモノ
口座開設に必要だったもの/情報は、
 ・今持っている銀行のBank Statement(毎月保有アカウントの詳細をまとめているPDF)
 ・パスポート
 ・MM2H取得時の仮承認レター(アプローバルレター)
 ・タックスナンバー(日本のマイナンバー)
 ・現住所
 ・電話番号
 ・日本での住所
でした。
銀行のBank Statementは僕も存在を知りませんでしたが、HSBCではログインするとすぐに「View Statement」というボタンが出てきて、そこでダウンロードすることができました。
住所が記載されているため、金融機関は他の金融機関のステートメントを住所証明として重宝しているそうです。
わざわざコンドミニアムの賃貸契約書や光熱費の領収書をセットで持ち歩く必要がないのでありがたいですが、口座に幾らあるかがひと目で丸わかりなのでその情報が欲しいんだろうなーと邪推しています。
流れとしては、
 ・21日(火)の銀行が閉まる少し前に銀行員の方とお会いして書類を渡す
 ・23日(木)にデビットカードの受け取り等を行う予定がトラブルがあるとかで翌週になる(銀行行ったものの、無駄足になる)
 ・本日27日(月)に諸々最後サインをしたり説明を受けたりして無事口座開設ができた
と、やはりここでもスムーズには行きませんでした。
一方で、23日に僕についてきて同じく口座開設希望ですと銀行員に伝えた僕の友人は、本日申請書の記載や書類提出をして1時間程度で口座開設まで終わっています。
僕らは外国人なので色々大変なんだろうなーと思って先週無駄足になったのを大人な対応でやりすごした自分としては、(普通にその場で開設できるやん。。)と呆れが絶えませんでしたが、兎にも角にも無事2人とも開設ができてよかったです。
ちなみにこの銀行、Equatorial Plazaという建物内にあり、入り口から建物内からトイレまで、めちゃくちゃ綺麗でした。

ホットコーヒーやらホットココアやらも出してくれてラウンジも快適なので、賭けなくても無料で飲み物飲んで空間を楽しめるカジノ、みたいな感覚です。
ビル内には勘八(カンパチ)というパビリオンにも店を構えている有名な日本食レストランがあり、ビル全体がオシャレな空間です。
115851071_1232027837143995_5571611730838197789_n.jpg109120531_3319486418116274_7467988190930385857_n.jpg109828354_1511469629060682_5002399745577167397_n.jpg
とりあえず口座開設が完了したばかりですが、この銀行で伝えられた重要な事項が幾つかあるのでまとめます。
 ・1万米ドルを各口座ごとに入金すると、手数料無しで米ドル口座と日本円口座が保有できる
 ・マレーシアにいながら、香港とシンガポールの口座を開設できる(これは興味なくて最低入金額聞き忘れました)
 ・5万リンギット(約125万円)デポジットとして入金しておくとクレジットカードが作成できる
 ・10万リンギット(約250万円)入金して毎月1000リンギット(約2.5万円)クレジットカードで支払いをすると、利息が1.5%アップする
 ・6000リンギット(約15万円)を投資していくと、利息が2%アップする
 ・2021年12月までに25万リンギット(約625万円)口座に入金していないと、プライオリティ口座じゃなくなる(あくまでキャンペーン中だけプライオリティだよっていう話)
どれもこれも魅力的に感じつつも、若干ハードルが高いです。
クレジットカードを作り積立投資もしていくと利率がなんと5.6%にまで上がるのですが、実際のインフレ率も同じ程度あります。
(「政府発表だと3~4%であるものの、実感としてはもっと高い」そうです)
日本に戻れない中日本から国際送金して手数料数%取られるのもバカバカしいですし、コロナで先行き不透明な世の中とはいえ色々後回しにゆっくり考えていけば良いかなーと今は思っています。
アバター

TOMO@KL

マレーシア首都のクアラルンプール在住。

ポーカーが趣味で1~2ヶ月に1回程度仁川・マニラ・台北・ホーチミン等に海外遠征。
当初はライブトーナメントのみプレイしていたが、現在はキャッシュ・オンライン等形式は問わず幅広くプレイ。

マレーシア在住の方やポーカー好きの方等、積極的にメッセージいただけると嬉しいです。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。